弁護士になるには?

弁護士といえばいわゆる士業と呼ばれる職種であり、
年収も高く社会的なステイタスも高い、多くの人にとってあこがれの職業です。
そして弁護士の職業は方を司る非常に社会的にも重要な仕事であり、
そのやりがいも他の仕事より更に大きい物でしょう。

さてそんな弁護士という仕事ですが、この資格を持つ人にになるためには
具体的にどのような方法があるのでしょうか。



実は、弁護士になるためにはいくつかの方法があるのです。
まず一番一般的な弁護士になるためのルートとしては、
四年制大学を卒業した後に法科大学院に進み、司法試験を受ける必要があります。
そしてこの司法試験に受かり、初めて弁護士としての資格を持つことが出来るのです。

またもう一つの方法としては、中学や高校を卒業したあと司法試験予備試験を受け、
この試験に合格すれば大学や法科大学院に通わなくとも、
それと同等の資格を有することが出来、司法試験を受ける資格を取得することが出来ます。
そしてこの司法試験予備試験に合格もしくは法科大学院を終了した五年後以内に
司法試験を受験する資格があります。

ちなみに司法試験を受験できるのは通算して3回までです。
もし試験を三回不合格となってしまった際は、
それ以上司法試験を受験することは出来ません。

また司法試験に合格した後も、司法研修所で司法修習生として
実習の経験を積まなければいけません。

そしてその司法修習を終えた後、修了試験を受けてから
初めて弁護士としての仕事に就けるのです。

最新記事一覧